丸嘉Ship:安全高品質な作業

作業員の安全作業が、お客様満足の前提であると位置づけ、安全教育・安全性向上に力を入れております。
安全作業と作業品質向上のため、全社でQC活動を実施すると共に、QC会の上部組織として、丸嘉シップ(丸嘉作業標準化&改善プロジェクトチーム)を設置。営業所ごとに、月1回、会合を持ち、5S活動、安全教育、問題点の抽出と解決策の立案・実行を行い、「丸嘉ship」と呼ぶにふさわしい、安全で高品質な作業を目指しております。
安全装備としては、作業内容、作業現場に応じて、JIS規格S種認定又はJPSA規格A種認定(衝撃エネルギー70J、耐圧迫性能10kN±0.1)以上の安全靴を着用し、必要な作業においてはヘルメット(労働安全衛生法第42条適合保護帽規格及び絶縁用保護具規格に合格し、建設業労働災害防止協会推薦のヘルメットを使用)や安全帯(安全帯規格合格品)を着用しております。
また、病院など、感染のリスクが他の場所よりも比較的高いと思われる場所での安全作業のため、各車両に保護めがね、使い捨てマスク・手袋、キムワイプ、滅菌スプレー、靴カバー等を設置。使用済みディスポーサルマスク等は専用の廃棄コンテナに廃棄し、専門業者に焼却処理をお願いしています。

 

safety11

コメントは受け付けていません。